フロント

プラチナホワイトニング今なら2900円で歯のホワイトニング
プラチナホワイトニング予約はこちら

ホワイトニングが出来なかった3つの原因
プラチナホワイトニングで次世代のセルフホワイトニングをお手軽簡単に

セルフホワイトニングと他のホワイトニングの違い

あなたの歯は綺麗ですか?プラチナホワイトニングサブヘッド

歯のセルフホワイトニングは「光触媒」という方法で歯を白くします。

光触媒は酸化チタンに青色LED(または太陽光)の光を当てることによって発生する化学反応のひとつで、
身の回りの様々な分野で実用化されているものです。

Platinam Whitening のセルフホワイトニングではマイクロ酸化チタンと
LED対応酸化チタンの2種類の酸化チタンを黄金比で配合した溶液に加え、
国内最大出力のLEDライト照射機で光を照射することで歯を白くします。

光触媒により歯の表面の着色汚れを浮き上がらせることにより、
歯が本来もつ白さまで白くすることができます。

歯科医院のホワイトニングでは元々の歯の色よりも白くすることができますが、
セルフホワイトニングでは永久歯が生えてきた際の色までしか白くはなりません。

ですので「歯が白くなりすぎで浮いて見えてしまう」「あまりにも真っ白で不自然」という、
従来のホワイトニングの課題を解決した“自然な清潔感のある歯” になることが可能となりました。
自然な、そして清潔感のある歯こそが最も好印象を与えます。

また、光触媒には抗菌、殺菌作用がありますので、結果として口臭の予防にも非常に効果的です。
さらに、「歯のコーティング」作用もあります。これは、酸化チタンが汚れを浮き上がらせた後、
歯が酸化チタンでコーティングされますので、汚れがつきにくい状態になります。

すなわち、旧来のホワイトニングで大きな問題となっていた、ホワイトニング後、
一定期間の “食事制限がなくなった” のです。

ですので、セルフホワイトニングの後、コーヒーや紅茶、色の濃い食べ物を食べていただいても
結構ですので、ストレスフリーでホワイトニングを受けていただくことが可能となりました。
このように、、、

セルフホワイトニングの大きな3つのメリット

これらを実現したセルフホワイトニングですが、さらに、、、

従来のホワイトニングで問題となっていた

「施術時間の長さ」「痛み」「高額な費用」

これらの問題も解決しました。

プラチナホワイトニングイメージ1

プラチナホワイトニングおすすめのポイントサブヘッド

プラチナホワイトニングおすすめのポイント1

従来の数万円~数十万円といった、富裕層のみが対象となっていた高額なホワイトニングとは異なり、
誰でも通える金額でサービスを受けることが可能となりました。

さらに、、、より効果を実感いただく為に、、、

より効果的な照射時間・セット数を実現しました。

Platinum Whitening の「美歯口ホワイトニング」では1回の施術でLEDライトの照射を
「10分間×2セット」行います。

ホワイトニングの効果はLEDライトの照射時間が長いほど・照射回数が多いほど高い効果を得られます。

例えば、、、

2セット照射するところを1セットにしたり、10分を8分に短縮するなどして、
低価格でサービスを提供することも可能ですが、もちろん、効果は低くなってしまいます。

ですので、Platinum Whitening では最大限の効果を実感いただけるよう
「10分間×2セット」
でサービスを提供しております。

プラチナホワイトニングおすすめのポイント2

LEDライトや溶液の安全性がエビデンスを持って証明されております。

歯に溶液を塗布し、LEDライトを照射するだけですので、
歯がしみたり、痛くなったりすることは一切ありません。

プラチナホワイトニングが信用できる証書

プラチナホワイトニングおすすめのポイント3

LED10分照射×2セットの30分以内で歯を白くすることが可能となりました。

多忙なライフスタイルを送られている経営者のお客様から、芸能関係、モデル、サラリーマン、
OL、学生、、、様々なお客様にお手軽さをご評価いただいております。

プラチナホワイトニングの誰でも出来るホワイトニングの流れ

プラチナホワイトニングで実年齢より若く

プラチナホワイトニングお客様の声サブヘッド

プラチナホワイトニングお客様の声1

プラチナホワイトニングお客様の声2

プラチナホワイトニングお客様の声3

プラチナホワイトニングお客様の声4

プラチナホワイトニングお客様の声5

メディアや芸能人もおすすめ!プラチナホワイトニング

プラチナホワイトニング料金表


白金高輪駅から店舗までの詳細案内はコチラ

プラチナホワイトニング東京料金表

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする