歯が黄色く変色する原因とは

年齢を重ねるごとに、歯が黄色く変色するのはどのような原因があるのでしょうか。歯が変色する原因は、様々なことが考えられます。今回は、歯が黄色く変色する原因について解説していくので、参考にしてみてください。

歯が黄色く変色する原因

歯が黄色く変色すると、見た目にも印象が悪くなってしまう恐れがあります。歯が黄色く変色する原因は、主に2種類あるので、どのようなことが原因なのか解説していくので、参考にしてみてください。

1.加齢による影響

歯が黄色く変色する原因の一つは、加齢による影響が考えられます。歯の表面には、エナメル質が構成されているのですが、その下には象牙質という黄色い層が存在しているのが歯の構成の特徴です。

年齢を重ねると、エナメル質は徐々に薄くなり、象牙質の色が濃くなっていく傾向にあります。そのため、象牙質が強く表面に現れ、黄色く変色したように見えるのです。

加齢により黄色く見えている場合は、象牙質の本来の色が出てきているため、着色汚れなどが原因という訳ではありません。

2.飲食物による影響

歯が黄色く変色する、もう一つの原因は、飲食物による外側からの着色によるものです。特にコーヒーやお茶、ブルーベリー、カレーといった色が濃い飲食物については、歯に着色しやすく、黄色く変色する原因になります。

飲食物による着色汚れは、最初は歯の表面の汚れであるため、注意して歯のケアを行っていれば、白い歯に戻すことが可能です。しかし、時間が経つにつれて、エナメル質に染み込み、歯磨きなどのセルフケアでは落ちにくくなります。

他にも、タバコのヤニも歯が変色する原因になるので、吸い過ぎには注意しないと、歯のエナメル質に染み込んで、簡単には取れない可能性があるでしょう。

歯の変色は茶色になることもある

歯が黄色く変色するだけでなく、茶色く変色することもあります。原因としては、虫歯の治療で神経を抜いてしまったことが起因している恐れがあるでしょう。

歯の神経が死んでしまい、象牙質に栄養が行き届かなくなることで、茶色に変色することがあります。他にも、薬剤による影響で、歯が変色する方もいるので、原因はそれぞれ異なる可能性があるでしょう。

歯を白くするならホワイトニングがおすすめ

加齢や飲食物などで黄色くなった歯は、ホワイトニングを実施することで、白くすることができます。神経を抜いて死んでしまった歯については、ウォーキングブリーチを実施すれば、内側から白く見せることが可能です。

ホワイトニングの種類にもよりますが、施術を行うことで、すぐに歯を白く見せることもできるため、結婚式などの大切なイベントに間に合わせることができます。

ただ即効性のあるホワイトニングほど、後戻りをしてしまい、変色が戻ってしまうことがあるので、時間に余裕があれば、ゆっくりと歯を白くすることが重要です。

また歯の変色原因によって、適切なホワイトニング方法が異なるため、一度相談してみてから、ホワイトニングの方法を試す必要があります。白くなる効果についても、個人差によるものが大きいため、理想的な白さを実現するためには、何度か通院する必要があることも念頭に入れておきましょう。

歯の変色が気になるなら速やかに通院しよう

歯が黄色く変色したり、茶色く変色していることが気になるのであれば、速やかに通院することをおすすめします。ホワイトニングであれば、すぐに歯を白く見せることができるので、着色汚れなどによる変色は目立たなくなるでしょう。

悩むよりも、施術を一度受けた方が、不安も薄れていくので、一度通院して変色について相談してみてください。適切な処置で、歯を白くすることができるでしょう。