歯のトリートメントとはなにか

髪の毛のトリートメントは、日常的に聞く言葉であるため、知っている方は多いでしょう。しかし、歯のトリートメントについては、把握していない方もいるのではないでしょうか。今回は、歯のトリートメントのことを紹介していくので、参考にしてみてください。

歯のトリートメントの成分は「ハイドロキシアパタイト」

歯のトリートメントは、専用のペーストがあり、専用の器械と器具を使用して歯の表面に塗り込んでいきます。トリートメントの成分は「ハイドロキシアパタイト」で、水とコラーゲンの次に、体に必要な成分と言われているのが特徴です。

歯の表面にあるエナメル質の97%は、ハイドロキシアパタイトで構成されています。そのため、歯のトリートメントを行うことで、摩耗した歯の表面の成分を補うことが可能です。

歯のトリートメントの効果

歯のトリートメントを行うメリットとしては、硬めの歯ブラシや研磨剤入りの歯磨き粉を使用することで発生する、歯の表面の細かい傷を修復することができる点です。

ハイドロキシアパタイトは、ミクロより細かい粒で構成されているため、どのような細かい傷でも治療することができるので、歯の寿命を延ばし、健康を維持することができます。

歯の表面にミクロの傷が発生していると、虫歯や歯周病の原因であるプラークが付着しやすくなってしまうのが特徴です。歯のトリートメントを行えば、歯の表面にプラークが付着し辛く、歯ブラシで落としやすくなるので、綺麗な歯を維持することにも繋がります。

歯のトリートメントで着色汚れを防ぐ

コーヒーやお茶など、飲食物によってはステイン汚れが付着することがあります。ステイン汚れが蓄積することで、歯が黄色く変色することがありますが、歯のトリートメントを行えば、ステインの付着を防止することが可能です。

一度歯のトリートメントを実施すれば、2ヶ月ほどは効果が持続するので、歯を綺麗に維持することができます。

生活習慣などによっては、2ヶ月以上は効果が持続することがあるので、歯のトリートメントを行えば、ステイン汚れのない綺麗な白い歯を実現することが可能です。口内環境も整えることができるので、口臭予防にも繋がるでしょう。

歯の結晶化を手助けしてくれる

歯の表面というのは、結晶がそれぞれ集まることで構成されています。結晶構造が崩れることで、虫歯が引き起こされるので、結晶化を維持させることが、歯の健康を維持させるために重要です。

歯のトリートメントを実施すれば、結晶化を手助けしてくれるので、健康な歯の状態にすることができるため、虫歯になることを防止することができます。

歯のトリートメントを行うことで表面がツルツルになる

歯の表面を構成しているハイドロキシアパタイトを歯のトリートメントを実施することで、補うことができるので、表面をツルツルに仕上げることができます。虫歯予防や口臭予防に繋げることができるので、衛生的に綺麗な状態を保つことが可能です。

またエナメル質を歯のトリートメントで補うことができるので、歯の黒ずみを除去し、歯を白く見せる効果も期待できるでしょう。

定期的に受けることで、歯の寿命を延ばすことができるので、口内環境を整えたい方は、ぜひ実施してみることをおすすめします。

歯のトリートメントを実施すれば綺麗な歯を維持できる

歯のトリートメントには、歯の表面を修復してくれるハイドロキシアパタイトが配合されているため、細かい傷も減り、ステイン汚れや虫歯予防にいい影響を与えてくれます。

定期的に行うことで、綺麗な歯を維持する効果が期待できるので、2ヶ月~3ヶ月に1回は実施するといいでしょう。

いつまでも自分の歯を綺麗に維持したい方は、歯のトリートメントを実施してみてください。